fugu Run!

アラフォー二児の父が「さが桜マラソン」に挑戦するランブログ

 >  > 

【大会レポート】白龍走で龍と化す!(後編)

白龍走

【大会レポート】白龍走で龍と化す!(前編)」からの後半戦!いよいよ初出場の3人が日本一の石段「3333段」制覇に挑みます!


スタート の前に

一般男子の部は正午12時にスタート。っといっても、会場近くにスタートっぽいとこは見当たらず...
特に気にせず(会場内もランナーが多いので)、11時30分頃から始まった開会式に出席。
美里町町長の挨拶や競技説明などがあり、いよいよ始まる感が高まってくるなか、司会者からのある発言に愕然!


「スタートはここから1km下になりますー。ランナーは移動をお願いしますー。」


ちょ、まてよ!(←キムタク風)おじさんたちキイテナイヨ!


一斉に会場前の道路を下り始める白装束のランナーたち。。。テクテク歩いていたけど、12時スタートに間に合わないかもと心配になり途中小走りになる三人(チーン)

白龍走

(既にスタート前列には人だかり。さては開会式にでらずに並んでたな!)


12:00 一般男子の部 いよいよスタート!

白龍走

白龍走は、男子が先に→5分後に女子がスタートするウェーブスタートのため、妻とはここで一旦お別れ。健闘を祈る。


正午12時。カウントダウン後、町長の号砲ともに一斉にスタート!


先頭は私の位置から遠くてよく見えませんでしたが、結構、かっ飛ばしていたようです。参加者も8割強(男869人/全体999人)が男子でしたので、女子と時間をずらしてのウェーブスタートは正解だったようですね(オヤジ臭ハンパないし)

白龍走

(石段までのロード区間約1kmのゆるい坂道をひた走る)

ラン友はスタート早々「じゃっ!」っとの言葉を残して白龍の中へ!ラン友の中で最速な彼がどんなタイムで登り切るのか!?(←途中でへばってて欲しいw)

白龍走

(道中、レッドブルガールからスペシャルな声援。女子とスタート別でよかったw)


3333段の石段に突入

スタート地点から約1kmのロード区間が終わると、いよいよ激マゾな石段区間に突入!
ふと石段上方に目を移すと...

白龍走


「は、白龍や...」


白い大会Tシャツに身をまとったランナーが石段を駆け登る姿はまさしく「白龍」。スゲェぜ、Redbull。

感動つかの間、意を決して激マゾの石段へと足を踏み入れます!

白龍走

白龍走

白龍走


(ちーーーーーん)



白龍ならぬ、このまま石段に倒れ込み"白灰"となってしまうんではないかと錯覚するような急勾配な石段。石段。そしてまた石段。


うだるような暑さの影響もあり、石段途中に設けれられた手水には、砂漠でオアシスを見つけた動物たちのように水を貪る白龍たちが。

白龍走

(水は柄杓から手に移して飲みましょうw)


ふと目線を下に落とすと、前を登るランナーたちが落とした思われる汗の跡が石に。

そして、静寂な山中に響くオヤジたちのハァハァ声。


まさしく、生き地獄。



っと、少し盛って書いてしまいましたが正直キツイです。
妻も後談で話していましたが、まだ平坦なハーフ走る方が楽かな、と。
個人的には先週、トレイルランで同じような勾配の山を登っていたので少しは助かりましたが、それでもやっぱキツイ(汗)


白龍走

(登ってくる白龍。笑顔なし。)


白龍走

(途中に歴代白龍王の記念碑あり。爆速。)


白龍走

(石段のちょうど中間地点でレッドブルのエイドあり)


白龍走

(レッドブルガールに会えてっブルっとチャージ!)


石段の中間地点でふと時計に目をやるとまだ25分。このペースでいけば時間内で完走できそう!やればできる子!褒めて伸ばしてレッドブルガール!

ちなみに、1000段ごろから5分遅れでスタートした一般女子のランナーたちに抜かれ始めました。。。妻の足音が徐々に近づき始め...(ゾゾっ)

白龍走

(2000段まできた。残り1333段...)

白龍走

(音楽が聞こえてきたからゴール間近!?と期待したら単なるDJブースでしたとさ)

白龍走

(3000段。レッドブルガールにあえるまで残り333段)



白龍走

3333段制覇!



終わってみれば、46分台とまずまずのタイムで初完走!
ガーミンコネクトで走行データを解析したところ、ロード区間(スタート混雑含む)の1.2km=7分で走ってようなので、3333段の石段区間は39分くらいで登りきってたみたいです。


今更ですが、実はレース1週間前に左足足底を負傷した影響もあり、ガーミンの心拍ペースを見ながら抑え気味で登ったのが逆に良かったかもしれません。


頂上ゴールエリアではお待ちかねのレッドブルガールが完走者とフォトセッション中??


お、オラも撮ってけろ〜〜〜


「混み合ってますのでゴールしたランナーは先に進んでくださいー」(大声)


(ちーーーーん)


仕方なく、先にゴールしたラン友にフィニッシュ記念の写真をひとり撮ってもらいましたとさ。


ゴール後

「この後、長いよー」っと声をかけたラン友の意味が分からなかったのですが、ゴールした後、頂上の周回コースを結構歩きます。。。喉乾いてるのに早よ水をくれ水を!という願いも叶わず、周回コースの頂上まで10分歩いた先でやっと、レッドブルガールから満面の笑みでレッドブルと水とタオルをいただきます。ヘナヘナで歩かされたことなんて一瞬で忘れましたヨw

ゼッケンに貼り付けられたICチップもレッドブルガールが回収してくれるんですが、オヤジ汗が滴ってる中、満面の笑みで手際よく外していく姿に「theプロ」の一面を見ることができオヤジ感激。

白龍走

(ゴール後、オラはどこまで歩かされるのか)


白龍走

(こんな上まで登ったのね、オラすげぇ)


白龍走

(レッドブル、飲み過ぎな気が)


エキスパート

周回コースを歩くとゴール地点に戻ってくるわけですが、妻を待ってたら「エキスパート枠」の選手がゴールする時間帯になったようで、下山が一旦閉鎖。
ほどなくして、(まさかの!?)50分台でサクッと登りきった妻と合流し、エキスパート枠のランナーのゴールを一緒に見守ることに(抜かれなくてよかった...)。


エキスパート枠とは、これまでのゴール記録が男子で35分以内、女子で45分をクリアした選手のみで競う特別枠だそうで、午後1時のスタートとなります。

白龍走

(エキスパート枠の選手は黒のタンクトップシャツ!)


エキスパート枠の1位の方は24分?だったかな?中には倒れこむようにゴールされる方もいて、ゴール地点最高潮に盛り上がってました!(その中、時折、白シャツの一般ランナーもw)


実は一緒に初参加したラン友。後方スタートにもかかわらず、34分台でゴールしたとのことで、来年は栄光の黒龍となって昇化できるかも!?


下山

エキスパート選手のゴールが終わると下山再開。そう、3333段登ったら、降りるんです。これが地味に太ももに効くぅ。
3333段、下がり終わったあとは、両足プルプルでした。

白龍走

(無の境地 ひたすら降りる)


まとめ

初めて参加した日本一の石段"3333段"の早登りレース「白龍走」。Redbullがプロデュースされているレースと言うこともあり、DJありレッドブルガールありドリンクバーありと、他のマラソン大会と違ってクラブ感満載のイベントでした。
正直、3333段登るの(降りるのも)キツイですが、その分、達成感はハンパないです!フルマラソンとはまた別物!


来年もまた来よう!


(レッドブルガールに会いに!)




追伸

残念なこと。

石段沿いやトイレ内に、ランナーが放置した紙コップやペットボトルが無残に置かれていました。「立つ鳥 跡を濁さず」ならぬ「立つ龍 跡を濁さず」。
本レースに限ったことではありませんが、ゴミは持ち帰る(会場内にもゴミ箱いっぱいあったでしょ?)。最低限のマナーは守りましょう。

白龍走


[後の記事]
さが桜マラソン2019 開催日決定!
(2018年6月25日)

ホームに戻る

コメントする

SAKURA SAKU


2016年4月 2日
1日前、佐賀県総合運動場。
(41km付近)

さが桜マラソン2017の天候

カテゴリー

出走予定レース

  • 2019.3.24 さが桜マラソン2019
  • 2019.4.14 多良の森トレイル(修験道)
  • 2019.5.11 Aso Round Trail(ハーフ)