fugu Run!

アラフォー二児の父が「さが桜マラソン」に挑戦するランブログ

 >  > 

Garmin ForeAthlete 235J のGPS異常について

マラソントレーニング

そう言えば...先月、3月18日(日)に開催された さが桜マラソン2018 での出来事。

初サブ4達成した熊本城マラソン2018に引き続き、またもや相棒のGPSウォッチ Garmin ForeAthlete 235J がGPS捕捉エラー。

ガーミンコネクトで、さが桜マラソン2018の走行データを確認すると、熊本城のときと同じく3時間過ぎてからGPSが異常となったようで、航跡が全く取れていない。

確かに、実際走っている時もGPSウォッチのペース表示が???な値を叩き出してました。まっ、熊本城での一件があったので直ぐにGPSの異常だとは気づきましたが... いかんせん、30km過ぎのこれからキツくなる時間帯に手元でペースが分からなくなるのは、正直カンベンして欲しいヨ!


マラソントレーニング

(またもや道なき道を進み、ついにはぶっ飛ぶ。ペース配分は自分の感覚のみ)

1度ならまだしも続けて2回。同じ時間帯、同じ現象がありましたので、思い切ってガーミンのサポートセンターに問い合わせてみました。


異常のあったレースのデータなどや症状をメールで伝え、目下、サポート担当の方とやりとりしているところなんですが、この症状は私だけでなく他からも届いているようで、個体の問題ではなく機種のソフトウェアの問題とのこと。


サポート担当者の方からのメール回答に↓のリンクあり。



ペース/スピードの値が極端に乱れる」「軌跡記録が極端に乱れる」← まさしくこれでんがな


対策としては、「デバイスの電源を入れ直してみてください。位置情報機能がリフレッシュされ正常に受信できるようになります。」...って(チーン)


いやいや、レース中に電源入れ直せはあかんでしょー


担当者からのメール回答には、「至急改善に向けて作業を行っている。修正日などはまだ確認中。」とのことで、次回のアップデートに期待するしかないんでしょうが、うーーーん(モヤモヤ)


ってか、本件、結構大きな問題だと思うんですが、表にでてきていない(ガーミンからも特にお知らせなし)のは症例が少ないからなんでしょうかね?

これからガーミンのGPSウォッチの購入を考えている方に対しても目立つところに情報載せるべき内容だと思うんですが(Garmin製品の一部って表現も気になる)


ガーミンのGPSウォッチに出会って、「走る楽しみ」「データを見る喜び」を覚えたので、なんとか(他社に買い換える前に)早く改善して欲しい!


追記 この記事を書いた4月19日の夜にGarminから235Jのアップデートが公開されました。

サポート担当に確認したところ、「ForeAthlete235Jのソフトウェアバージョンの更新v7.80にてGPSの測位誤差の安定化がされております。こちらでご様子を見て頂くようお願い致します。」とのことでした。よかったよかった。


[前の記事]
2018年3月の月間走行距離
(2018年4月18日)
[後の記事]
2018年4月の月間走行距離
(2018年5月18日)

ホームに戻る

コメントする

SAKURA SAKU


2016年4月 2日
1日前、佐賀県総合運動場。
(41km付近)

さが桜マラソン2017の天候

カテゴリー

出走予定レース

  • 2019.3.24 さが桜マラソン2019
  • 2019.4.14 多良の森トレイル(修験道)
  • 2019.5.11 Aso Round Trail(ハーフ)