fugu Run!

アラフォー二児の父が「さが桜マラソン」に挑戦するランブログ

 >  > 

北九州マラソン2016、ペアリレーを振り返る。

北九州マラソン

まだ昨年のさが桜マラソン2015の大会レビューが終わっていませんが... 先んじて、2016年2月21日(日)に開催された「北九州マラソン2016」大会レビュー!(ペアリレーのみw)

大会前日

北九州マラソンはさが桜マラソンと異なり、フルマラソン・ペアリレーにエントリーしたランナーは前日までにメイン会場となる西日本総合展示場(北九州市小倉)にて事前受付をせねばなりません。
っということは、県外ランナーは前泊が必要となりますので、そこで地元にお金が落ちるというシステムでございますw
さが桜マラソンだと事前受付なし、当日のスタートまでに指定ブロックに立てばよいので、近県ランナーは前泊せずに当日移動の方も多いようです。(佐賀駅からスタートまでも近いしw)

前日は仕事が入っていたので、終わってからペアのラン友と小倉まで電車(佐賀→博多→小倉)で移動、午後6時頃に小倉駅に到着。
小倉駅では、ボランティアの方が各所に立っておられて受付会場まで誘導していただけます。

北九州マラソン

受付会場となる西日本総合展示場は、東京BIGサイトの九州版みたいなところでして、だだっ広い展示場を利用して受付や併設イベント「北九州マラソン2016EXPO」が開催されていました。

受付では、事前に事務局から郵送された「ナンバーカード引換書」(たぶんそんな名前だったかと)を提出し、受付担当の方から名前を確認されたら終了。確認後に、ゼッケンと計測用ICチップ、記念Tシャツ、手荷物袋等一式が手渡されます。
で、会場を後にする訳なのですが、会場内は一方通行の順路設定がされているため、嫌が応にでも併設の「EXPO」を通過して外にでなければなりませんw
大会スポンサー様のブースを回ったり、記念写真を撮れるブースなどを回って、モチベーションをあげていきます!

北九州マラソン 北九州マラソン 北九州マラソン

その後、小倉駅構内で食事を済ませ、宿に移動。小倉駅周辺のビジネスホテルが事前予約できなかったので、小倉駅から7駅ほど西にある黒崎駅周辺(小倉駅から22分/280円)のビジネスホテルで就寝となりました。
簡易朝食付きのホテルでしたが、通常午前6時30分からの朝食タイムがマラソン当日の朝は午前6時からに変更されており助かりました。

北九州マラソン 北九州マラソン

(荷物袋に荷物が入るかどうかチェック。事前予習通りOK!)

大会当日

午前5時45分に起床。熱いシャワーを浴びて目と体を覚ましました。
午前6時にホテルで朝食(米多め)をとって、7時30分頃にチェックアウト。
北九州マラソンのスタート地点となる小倉城付近には西小倉駅が近いので黒崎駅から西小倉駅まで乗車。ペアリレー第2走者のラン友は中継地点の西日本総合展示場が待機場所となるので小倉駅まで乗車。西小倉駅でラン友と「再び会おう(倒れたらごめん)」と堅く握手をして分かれました。

西小倉駅からスタート会場までは徒歩で10分程度。この時間帯は、ランナーで歩道が溢れ返っていますので群衆に身を任せてついていけば問題なし。 スタート会場には、午前8時前に到着しました。

北九州マラソン

(西小倉駅はランナーでごったがえす)

スタート会場では、まずは手荷物を預かっていただかねばなりません。
会場内に手荷物を預ける場所が設けられていますので、前日に配布された専用の手荷物袋にリュックやダウンジャケットを詰め込みます(←前日に確認済み)。詰め込むにあたっては、机が用意されている訳ではないので、地べたで皆さん詰め込み作業をされていました。当日晴れだったからよかったものの、雨だったら悲惨だったろうなと...
詰め込みが終われば、ゼッケンナンバー毎にトラックが待機してますので、そこでボランティアの方に渡せば、トラックに詰め込まれ、ゴール地点(ペアリレーは中継点)となる西日本総合展示場に運ばれる仕組みとなります。

北九州マラソン 北九州マラソン

詰め込みが終われば、スタートブロックへ移動して午前9時の号砲までブロックで待機することになるのですが、早めに並べばよりブロックの前列に位置取りできるため、早めにトイレで用を足してスタートのEブロックへ移動。

北九州マラソン

...あれ!?ペアリレーの専用ブロック!?

そう、なんとペアリレーの第一走者だけが並べる専用ブロックが用意されていたのです!(ボランティアさんの話だと今年から)
フルのランナーと同じくEブロックから並ぶと思ったので前列確保のために早めに並びにきたのに、Eブロック先頭にペア用ブロックがあったとは... 知ってたらもっとゆっくり宿をでてトイレもギリまですることができたのに... ガックシ。
ブロックに待機していて気づいたのですが、ペアリレーは襷(赤)をしているかの確認やランナーの名前確認作業を担当者がされていたので、フルとは区別して整列させてののかなっと思いました。

で、8時15分にはブロックに整列完了から〜の9時のスタートまで... することないので、寒風の中、ボランティアの方と談笑w
次第に襲ってくる尿意を紛らわします...

北九州マラソン

午前9時号砲!

待ちに待った、北九州マラソン2016のスタート!
Aから順に進むのでEブロックは中々走りだせません。結局は3分歩きながらスタート地点に到着。

スタートゲートで手を振るゲストランナーの有森裕子さんに応援いただいて、いよいよランが始まりました。

北九州マラソン

0〜5km

ペアリレーマラソンの前半、第1走者区間は北九州の西エリアを回ります。
スタートして5km過ぎまではダラダラとした登りのコース。最高到達点は50m弱とのことですが、日頃、平坦なコースでしか練習していない自分にとっては、長く続くこの登りが気持ち悪い...
しかも、スタートしてしばらくはランナーが集団となり、道幅も狭いため身動きできないまま走らなければなりません。坂と密集でフラストレーションが次第に溜っていきました。
ただ、ここで無理してジグザグ走行してペースアップして体力使うのはNGなので自分に我慢と言い聞かせて走っていました。

北九州マラソン

5〜20.2km(中継点)

5kmの坂を上りおえると、やや急な下り坂。集団も散けてスペースが空き始めてたので、ここら辺りから自分のペースを掴んで走ることができました。

10km手前だったかな?コース上で奇声を上げてる人がいる?っと思ったら、ゲストランナーの有森さんがコース中央に立って、ランナーに声を上げてハイタッチを されてましたw
もちろん自分もハイタッチさせていただき気合い充填!

北九州マラソン

ペアリレー前半のコース、大きな山場は5km地点の上り坂なのですが、その後も、ちょいちょいと登っては降りての繰返しが続きます。
平坦になったのは小倉に戻ってきて、いよいよ中継点が近づいた辺りになってきてからかな?
中継地点は、西日本総合展示場入口付近の車道に設けられており、その地点に近づくとペアリレーのランナーがつけている襷(赤)を目印に、係員の方が誘導をしてくれます。
残り200〜300mでリレー専用のコース(赤ポールでフルランナーと分けてある)に入り、第2走者に無事襷渡し!(倒れんやったぞw)

北九州マラソン

佐賀から妻と子どもたちも応援に掛けてつけてくれてて、中継点で待ってて声援を送ってくれてたみたい(本人気づかず)で、走り終わったあと道端にへたり込んでることに駆け寄ってきてくれましたw

中継を終えて

ペアリレー前半の第1走者は、これにてお役御免。っということで、体が冷えるまえに着替えをしなければなりませぬ。
まずは、その前に走り終わった直後、係員から荷物袋を渡されます。これは、中継地点で待機していた第2走者のアウター(自分のではない)を入れた袋。この袋を持って、着替え会場の西日本総合展示場内に設けられた着替えスペースにテクテク歩いて移動します。
事前の関係書類に動線を描いた地図が入ってて確認はしていたのですが、当日走ったらすっかり動線忘れてて&ペアリレーでフルより先に終了かつフルとフィニッシュエリアが異なるため係員も誘導しておらず、どこに歩いていっていいのか分からず。。。遠くにいた係員を見つけて誘導してもらいました。

誘導してもらった先は、多くのボランティアさんが完走のお出迎え!
フィニッシュタオルやらドリンクやらパンやらを受取り、荷物袋がある着替えコーナーへ移動。
後続のペアリレーのランナーが道に迷わぬよう一言添えると、ササッと誘導に走っていかれました(仕事早い!)

北九州マラソン

着替えエリアでは、スタート地点でトラックに積み込んだ荷物袋が運ばれ、ナンバー順に置かれていました。立て札の数字を見て移動し、担当者に声を掛けると荷物袋を持ってきてくれます。

で、男子は荷物置き場の空きスペースで着替え。女子は、パーティションで目隠しされたエリアで着替えとなります。

ペアリレー第1走者が戻ってきた時間帯... ランナーよりボランティアの方の数がめっちゃ多くて、その中で着替えるのが恥ずかしかった... 女子高校生風のボランティアさんもおられましたのでw

北九州マラソン

着替え終わったら、前日の受付時と同様、一方通行の会場内。2度目のEXPOを横目に見ながら、外で待つ家族と合流しました。

会場外では、ランナー向けに陸上自衛隊小倉駐屯地の皆さまから「豚汁」が無料提供されており、冷えきった体をほっこりさせていだきました。濃厚な豚汁がうまかった!

北九州マラソン

あとは、第2走者のラン友が帰ってくるまでに腹ごしらえ。
大会に合わせて会場隣の公園(あさの汐風公園)で、九州各地のご当地グルメを集めた「北九州ランラン食フェスタ」が開催されていましたので、家族とそちらに移動し舌鼓←子どもは芝生で走り回るw
生ビールも販売してたのですが、第2走者がまだ走ってる手前、先に乾杯する訳にもいかず... 我慢我慢。

北九州マラソン

そうこうしていると、いつの間にか第2走者がフィニッシュに近づいてきており、急いでフィニッシュエリアに移動!(←大会HPからランナーの位置情報が分かるサービスがある)
でも子どもたちがいて中々進まず焦る焦る!

20.2〜フィニッシュ

第2走者ではないため割愛w
聞いたところによると門司まで行きは向かい風、帰りは追い風だったそうです。ほぼフラットなコースだったので走りやすかったけど、風が強かった。とのこと。

フィニッシュ!

大会HPの位置情報サービスをチェックし過ぎて、第2走者のフィニッシュを見逃す!

あれって、これまでの走行スピードから到着時間を予想する仕組みだから、ランナーがスパートすると当てにならないんね...
画面上、さっきまで40km地点に表示されてたマークが、一気にフィニッシュに移動してたw

北九州マラソン

結果は、ペアでサブ4達成!(サブ3.5には届かず)
4月に開催される「さが桜マラソン2016」の前哨戦として良いトレーニングができました!

初めての県外レース参加となった「北九州マラソン2016」。
大会運営もしっかりされてて安心して完走することができました。
大会関係者を始め、朝早くから準備いただいたボランティアの方々、沿道から声援を送っていただいた沢山の方々にこの場を借りて御礼申し上げます!

来年は、夫婦でペアリレー参加するぞー!(←子どもはどうする?w)

北九州マラソン
[前の記事]
北九州マラソン後、トレーニング再開。
(2016年2月24日)
[後の記事]
さが桜マラソン2015、振り返り(前夜祭)
(2016年2月25日)

ホームに戻る

コメントする

SAKURA SAKU


2016年4月 2日
1日前、佐賀県総合運動場。
(41km付近)

さが桜マラソン2017の天候

カテゴリー

出走予定レース

  • 2019.3.24 さが桜マラソン2019
  • 2019.4.14 多良の森トレイル(修験道)
  • 2019.5.11 Aso Round Trail(ハーフ)