fugu Run!

アラフォー二児の父が「さが桜マラソン」に挑戦するランブログ

 >  > 

【後半】さが桜マラソン2017を写真で振り返り。

さが桜マラソン

さが桜マラソン2017を写真で振り返る企画、後半のレース編。


当日朝


5時45分頃起床。


家族を起こさないようにコソコソしながら朝食準備。
パン主体の炭水化物多めのメニューに脱コーヒー。デザートは脚攣り防止のタブレット「2RUN」。
(なお、2RUNは前日夜も摂取済み)


福岡マラソン2016では、20km過ぎから両足攣ってしまい散々たる結果だったので、この2RUNで効果あるといいんですが...

さが桜マラソン

スタート前


スタートブロックが閉められる8時45分を目指して自宅を出発(徒歩)。
自宅を出る寸前にトイレ(小)を済ませたのですが、スタートブロック歩いている途中に尿意が...
走り始めても前に進まないし、前半のトイレは混むことが予想されるので、今回はスタートブロックに入るまえに近くの仮設トイレで用を済ませることに→10人ほどの先客あり

すでにこの時点で8時30分を過ぎ、焦る焦る。女子は空いてるけど流石に行くわけにもいかずw 尿意と焦りでジリジリしつつ、なんとか、時間までに間に合い、Bブロックの最後尾に到着。

さが桜マラソン

相変わらずスタート位置まで遠い...


スタート時間の9:00までは大会関係者の挨拶等が行われるんですが、みなさん口々に言われてたのが「ランナーの体調を考慮して開催時期を早くしたのにこの暑さとは!」
例年より2週間早く開催することで、より涼しい走りやすい環境を...って目論見が見事に外れ、桜は当然ないし、気温も20℃まで上昇する予報ですからーーー!残念!

ちなみに、例年どおり4月第1週の日曜(4/2)だと最高気温15℃でした)


9:00 スタート


スタート地点に号砲が響き、Bブロックの最後尾からスタート。っといっても、Bブロックからスタート地点付近までは満員電車状態のため、すんなり走れる状態ではなく、立ち止まったり歩いたりしながら進みます。
ガーミン情報によると、Bブロック最後尾(Cブロックの頭)からスタート地点まで約2分20秒かかりました。
さが桜マラソン

(佐賀と言えば「バルーン」。スタート地点の佐賀県総合運動場では応援係留を実施!)


さが桜マラソン

(今年は、有○さんの絶叫応援がなくてちょっと寂しいw)


さが桜マラソン

(桜マラソン出場3回目にして初の桜吹雪(紙)体験!テンションMAX!)


さが桜マラソン

(3km過ぎの県庁前で2機目のバルーン発見!)


スタートして県庁を折り返す5km過ぎからはランナー間のスペースも比較的空いてくるのでクルージング走行開始!
フルコースは、スタートから県庁方向に南に下り、折り返して上っていく11km過ぎまでは多くの観客の皆さんが沿道で応援してくれます。
知り合いがいないかな〜なんて、考えていたらすぐ10km過ぎますねw


11km過ぎ 一路、吉野ヶ里公園へ


県庁を折り返して、スタート地点に一旦戻ると約10km。そこから、少し北の上り東に折れると、のどかな田園地帯を一路、吉野ヶ里歴史公園までひた走り。

例年だと、所々に桜並木があって、桜を見て気分を変えながら...ってのは、今年はなし。相棒のガーミンをチラ見しながら淡々とペースを刻んでいきます。

さが桜マラソン

(12km過ぎで最後3機目のバルーン。桜の代わりにバルーンは花盛り!)



23km付近 吉野ヶ里歴史公園周回コース


田園風景もちょっと一休み。吉野ケ里歴史公園内の特別周回コースに突入です。
普段はお金を払わないと入れない入場ゲートですが、今日はランナー入り放題w(観客の周回コース入場も無料)
菜の花で黄色に染まった周回コースを多くのギャラリーの後押しをいただきながら進みます。

さが桜マラソン

(菜の花がきれいな周回コース)



さが桜マラソン

(ゲストランナーの湯田ちゃんとハイタッチ!汗を着けてごめんちゃいw)



そして、この周回コースの名物といえば「ご当地エイド」!

さが桜マラソン

(今年は何を食べようっかな〜)


さが桜マラソン

(まずは神埼そうめんを2杯ほど)


さが桜マラソン

(苺のさがほのかは手に取れるだけ掴み取る!)


そして、最後の〆のデザートにと、脚攣り防止タブレット「2RUN」をポケットから取り出した瞬間!

んっ、あっ!!!!(ポロリ)


視界から遠ざかる2RUN。
止まって戻るか一瞬考えましたが、ここまでは調子いいし、まっ、いいか♪ってことで、スルーすることに。

これが、終わりの始まりとは気づかずに



30km付近 久保泉工業団地の折り返し


吉野ヶ里歴史公園を過ぎると、一路ゴールに向かって西走。これから先は自分との戦いです。

吉野ヶ里から続く田園風景を抜けると30km付近、久保泉工業団地に入ります。
毎年、この団地内に家族&友人家族の応援団が集結!ほんとありがたい(涙)
今年は、妻がファンランに出場してたので、走り終わってから久保泉に向かう算段でしたので、間に合うかな〜っと心配していましたが、ファンランを自己最速で走り抜け、しっかり応援場所に到着してました。

子どもたちからジェルとドリンクを貰い、自分からはエイドでもらったプッチンプリンをあげて物々交換完了w

さが桜マラソン

(応援席からの眺め。ド派手...)


37km付近 魔の「水ものがたり館」


家族の応援をもらい、あと残り10km。毎年、30km過ぎたあたりから、頭の中でモヤモヤが始まります。
今年は長距離トレの回数を増やした成果か、モヤモヤが始まるのが遅く35kmくらいから始まりました。

この「モヤモヤ」=走りたくなくなる気持ち なのですが、おそらく皆さんも体験したことあるのではないでしょうか?
35kmの壁?とは、ちょっと違うんですが、体は動くけど気持ちが落ち込むんです。「なんでオレ走っているんだろう?」「来年はもう走りたくない」的な、超ネガティブな考えが頭の中を埋め尽くすモヤモヤMAX期!


モヤモヤが始まるとペースも落ち込むんですが、この時点ではなんとかサブ4ペースを死守してました。してました。してました。


そして、37km付近の「水ものがたり館」に設けられていたエイド。ここが今年のさが桜マラソンのハイライトとなってしまいました。


今のところ、サブ4ペースなのですがモヤモヤが続くので、一息入れたいなってことで、レース始まって以来、初の「おしっこタイム」。
水ものがたり館のトイレに駆け込み便器を前に王立ちした瞬間...


んっググァァアアア!!!!(シャァァァァーーー)


両足のふくらはぎが激しく痙攣!(ガクガクプルプル)でも、おしっこ止まらなーーーいw

貯めに貯めたおしっこはなかなか止まらず、でも足は痙攣しっぱなし。おじちゃん、泣いたよ

水ものがたり館のトイレをなんと足を引きづりながら脱出した後、近くの観客の方に足先を抑えてもらっての応急処置。でも、時すでに遅し。気づけば、サブ4ペースを超過してしまったのです(チーン)

今思えば、吉野ヶ里で落とした脚攣り対策の「2RUN」を落としてしまったのが最大の敗因でした。あれを飲んでればもしかしたら攣らずにすんだかも...(←ふくらはぎに余分な力が入るフォームを改善しろよ)

37km付近からゴールまでは、脚攣りとの戦い。少し走っては、攣りーの走っては攣りーのでペースがた落ち。さよならサブ4。

42.195km ゴール


3回目のさが桜マラソン(フル)。今年こそはサブ4いける、と意気込んだんですが、終わってみれば悔しい気持ちしか残らない4時間2分台(ネットタイム)でのゴール。


11月の福岡マラソンに続き、今年のさが桜でも、ふくらはぎが攣ったのは、ミネラル不足というより、ふくらはぎに負担のかかるフォームが原因かと思われます←自覚あり


オフシーズンは、ふくらはぎではなく太ももを利用したフォームを意識してトレーニングを重ね、来シーズンでのサブ4達成目指しまーーーす!

さが桜マラソン

(他大会と違って陸上競技場内のゴール、気持ちいい!)


さが桜マラソン

(サブ4まで2分足りず)


さが桜マラソン

(ゴール後に芝生で大の字になれるのがポイント高)


さが桜マラソン

(完走者のみゴール後にエイド提供。お腹タプタプ)



[後の記事]
6月の月間走行距離
(2017年7月 5日)

ホームに戻る

コメントする

SAKURA SAKU


2016年4月 2日
1日前、佐賀県総合運動場。
(41km付近)

さが桜マラソン2017の天候

カテゴリー

出走予定レース

  • 2019.3.24 さが桜マラソン2019
  • 2019.4.14 多良の森トレイル(修験道)
  • 2019.5.11 Aso Round Trail(ハーフ)