fugu Run!

アラフォー二児の父が「さが桜マラソン」に挑戦するランブログ

 >  > 

【大会レポート】さが桜マラソン2018を写真で振り返る(中盤)

さが桜マラソン

午前9時にスタートした「さが桜マラソン2018」。スタートからのゴールまでを写真で振り返ります!


0-10km


序盤の10kmは、佐賀県総合運動場前から南に下り佐賀県庁周辺を回遊して再び運動場前に戻ってくるコース。急ぎたい気持ちを抑え、ウォーミングアップのつもりで目標の「キロ5分15秒」に徐々にペースを上げていきます。


さが桜マラソン

(さが桜マラソンを生中継する ぶんぶんテレビ の中継カメラにリアクション)


さが桜マラソン

(一路、佐賀県庁前へ)


さが桜マラソン

(大会当日は風も穏やかで係留バルーンが上空から応援)


ご存じない方も多いかと思いますが、 さが桜マラソン が開催される佐賀平野(上空)は、全国屈指の熱気球(バルーン)のフライトエリアで、毎年11月初めにはアジア最大級の熱気球大会「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が開催されます。
高い建物がない田舎...ってのもあるんですが、熱気球を安全に離着率するには、広大なフィールドが必要=佐賀平野がもってこいなのです。
さが桜マラソンでは、毎年、3ヶ所(競技場内、県庁前、東名縄文館前)で地元チームの協力による「バルーン係留」がランナーを出迎えてくれます。


ところで、桜は?っというと、残念ながらまだ開花前。県庁周辺は桜の名所なので咲いてれば絶景だったんですが、しゃーない。



10-23km


再び、スタート地点の総合運動場に戻り、次は23km過ぎの吉野ケ里歴史公園(吉野ヶ里町)に向って進路を東に向けて走ります。これまでの街中の景色から離れ、吉野ヶ里歴史公園までは田園風景の中を走ります。応援もエイド以外は少なくなりますが、地元の方が家の軒先きから手を振ってくれます。


さが桜マラソン

(総合運動場手前でファンラン9.8kmとフルのコースに分岐)


さが桜マラソン

(13km付近の東名縄文館前では3機目のバルーンが上空から応援)


さが桜マラソン

(18km付近、さが桜マラソンといえば馬場ボデーのエッフェル塔)


さが桜マラソン

(20km付近の桜並木もまだまだでした)


さが桜マラソン

(ハーフで1時間57分... サブ3.75ヤバイ?)


15km過ぎから徐々に足に重さを感じつつも、吉野ヶ里までは...と気持ちを奮い立たせ、予定ペースのキロ5分15秒をなんとかキープ。
ただ、短パンの腹部にiPhoneを収納しているのが原因か、お◯っこに行きたい気分がピーク。沿道トイレの空きを横目でチェックしつつ、吉野ヶ里歴史公園内に侵入!



ホームに戻る

コメントする

SAKURA SAKU


2016年4月 2日
1日前、佐賀県総合運動場。
(41km付近)

さが桜マラソン2017の天候

カテゴリー

出走予定レース

  • 2019.3.24 さが桜マラソン2019
  • 2019.4.14 多良の森トレイル(修験道)
  • 2019.5.11 Aso Round Trail(ハーフ)