fugu Run!

アラフォー二児の父が「さが桜マラソン」に挑戦するランブログ

 >  > 

【大会レポート】第4回 多良の森トレイルランニングを振り返る(前半)

多良の森トレイルランニング

マラソンシーズンが終わり、次はトレイルシーズンに突入!

まず1本目は、2019年4月14日(日)に長崎県大村市で開催された「第4回 多良の森トレイルランニング」に初出走してきました!


今回エントリーしたのは修験者コース。総距離約40kmで累積標高(コース全体でどれだけ上昇するか)が3400mと、全国の数あるトレイルレースの中でもハードな部類に入るらしい...


5月に出走するASO ROUND TRAIL(阿蘇ラウンドトレイル)のハーフ54kmに向けての前哨戦!現時点でのトレイル力を確かめるため多良の難コースに挑んできました!


多良の森トレイルランニング

4時起床。


ザックやシューズは昨晩すでに車に入れ込んだので、サクッと勝負服に着替えて上からジャケット1枚羽織っていざ出発!

佐賀市内から高速道路(佐賀大和IC→長崎道→大村IC)を利用して会場の野岳湖公園(ロサ・モタ広場)までは、約1時間。佐賀大和ICを通過する前にコンビニ寄って、おにぎり2個をほうばりました。


5時30分過ぎ会場着


すでに駐車場は満杯... 前夜祭もありましたので会場に近い駐車場はすでに埋まっていたようです。遠目の駐車場に誘導されたものの、手荷物はどうすればいいのか?預かってくれるのか?更衣室はあるのか?等の事前情報がなかったので暫し迷う。
受付を済ませて駐車場に戻ってきた風のランナーに声をかけたら「ここから会場まで歩いて10分くらい」とのことだったので、どっちに転んでも大丈夫なように手荷物一式抱えて受付会場に移動。


多良の森トレイルランニング

(どんどん車が入ってくる。遠いけど止めれてよかったかも)


受付


多良の森トレイルランニングは、今年から事前の受付書類の送付をやめたようで、受付会場に貼ってある選手一覧を見てゼッケンNo.を確認→受付でNo.と名前を告知→ゼッケンとアメニティ類を引き取るといった流れでした。

驚いたことにゼッケンNo.がまさかの一桁!しかも早い数字!...知り合いからは「招待選手!?笑」って言われる始末。おそらくエントリー時のクリック合戦での勝利とは思うのですが、この先、こんなNo.は貰えないだろうな〜ちょっと嬉しかった♪


多良の森トレイルランニング

(受付前には協賛ブースあり。時間がなくて立ち寄れず)


多良の森トレイルランニング

(窓口で番号を伝えて確認していだけます)


さて無事、受付を済ませ走る準備をと更衣室を探すと、公園広場の管理棟内に男女の更衣室が設けられていました。中に入ると、知り合いのラン友が既にご準備されててご挨拶。しばしトレラン話に花を咲かせ...気づいたらスタートまであんまり時間がない(汗)
荷物は預かってくれない(更衣室に放置)とのことで、急いで駐車場に戻り、車も荷物を置いてドタバタ会場に戻ってきたら開会式が始まってた!←いい感じのウォーミングアップになりましたw


多良の森トレイルランニング

(集合写真の撮影には間に合いホッと)


修験者コース 7:00スタート


いよいよ未知の世界、40Kのトレイルランのスタート!目標は完走(10時間30分以内)ですが、速く戻ってくるにこしたことはないので「平坦や下りのトレイルでは歩かない」が今回のタスク設定。それがクリアできれば、8時間台くらいにはもどってこれるはず!←計算式はない、勘


多良の森トレイルランニング

(ドキドキワクワクの40Kがスタート!)


多良の森トレイルランニング

(みんな元気一杯、笑)


スタート後、約2kmはロード区間。ほんとはここで稼ぎたいところだったんですが、朝ランは久しくやっていなかったので身体が動かず。無理せずウォームアップのつもりで流して、いよいよトレイルに突入!

多良の森トレイルランニング

(速いランナーに置いていかれる)

多良の森トレイルランニング

(ここから本気だす(予定))


前半戦(郡岳→経ヶ岳)

多良の森トレイルランニングのコース前半は、郡岳(こおりだけ)826m→経ヶ岳(きょうがだけ)1076mの2峰を登る山道ルート。ここですっかりこっきり忘れていたのですが、トレイルレースは道幅が狭く基本追い抜きできない(追い抜くときは声をかけるか、前のランナーが気づいて譲ってくれる)ことに気づく。ペースが同じくらいの集団に入らないと、なかなか前に行けないことに気づき、スタート後のロード区間でジョグってしまったのを後悔... でも、結果的にこの前半でペース抑え気味で入ったのが吉となる!?

多良の森トレイルランニング

(まだまだ序盤、あせらず)


7時55分ころに郡岳(826m)着。郡岳では、ゲストランナーの福島 舞さんと同じくらいになったご縁でみんなで記念写真!w 集まったランナー、一人一人のスマホでの撮影会が始まってしまいここでかなりのタイムロスwww(撮影をお願いしたボランティアの方も苦笑)これもトレイルランの楽しみ方?


View this post on Instagram

・ 多良の森トレイルランニング 40k 3400+ 7'06'33 ゲストランナー 今年もゲストランナーとして走られせていただきました。 第4回多良の森トレイルランニング。 私は今年で3年目? いやぁー。 相変わらずスーパーハードなコース。 距離と累積だけじゃわからないキツさがこのコースにはあります。。。w ほんっっっとみんなにも挑戦してみてほしいです。 噂によるとアメリカでもキツイと言われているレース、スピードゴート50kよりもキツイらしい???????? ・ 私は今年もみんなとワイワイ楽しく走らせてもらいました? でも途中からは前後に人がいなくてひたすら多良の森と向き合う。 雨も降ってきて霧と雨と森。 なんだか神秘的でこれもとても良い時間でした って言ってもキツかったけど ・ そしてこの大会は前夜祭からの盛り上がりも本当にすごい!w 九州の人はほんとにノリが良くって一体感もすごいんだけどオープンマインドで迎えてくれるからすぐに、ってか秒で?、仲良くなれます? 九州大好きっ?????? 多良の森最高かっ!!!! ・ #多良の森トレイルランニング #trailrunning #トレラン#長崎#大村市#houdinisportswear #hokaoneone#answer_4#feetures#牛乳

Mai Fukushimaさん(@maimaimaimaima)がシェアした投稿 -


ここ(郡岳826m)から経ヶ岳1076mまでは標高差はそんなになくコースマップの標高図でもほぼ平坦に見えた...んですが、地味〜に登っては下って登っては下っての繰り返し。

途中、7km過ぎの遠目越のフルーツエイドで食べ散らかして一旦、気力体力回復したものの、この繰り返しの上下動がボディーブローのようにジワリジワリと脚力を奪っていってからーの、経ヶ岳直前の急激な登坂(白目)
ロープを必死に掴みながら一歩一歩、確実に、足を踏み外さないように...登頂!(9時50分頃)

多良の森トレイルランニング

(フルーツエイドで本気だした、笑)


多良の森トレイルランニング

(いちごが美味い!たらふく食べてしまったw)


多良の森トレイルランニング

(食べたフルーツが胃の中であばれる)


経ヶ岳山頂では絶景をしばらく堪能(ボケーっ)


多良の森トレイルランニング

っと長くなったので今日はここまで。長崎は今日も雨だった〜の後半戦につづく!



ホームに戻る

コメントする

SAKURA SAKU


2016年4月 2日
1日前、佐賀県総合運動場。
(41km付近)

さが桜マラソン2017の天候

カテゴリー

出走予定レース

  • 2019.3.24 さが桜マラソン2019
  • 2019.4.14 多良の森トレイル(修験道)
  • 2019.5.11 Aso Round Trail(ハーフ)